芸能

村方ののかちゃんの目が怖い画像や理由3つ!笑わないからかわいそう!

ののかちゃん(村方乃々佳)がテレビ番組に出演したり、CMに出演したりと最近よくメディアで見かけるようになりましたね。

テレビ出演しているののかちゃん(村方乃々佳)を見ていた一部の方から「目が怖い」「目が死んでいる」「目が笑っていない」という意見が多くあがっています。

一方で、ののかちゃん(村方乃々佳)がかわいい、好きという意見もあるのでまとめてみました。

 

そこで気になるのは『ののかちゃん(村方乃々佳)の目が怖いと言われる理由』ということではないでしょうか。

また、『ののかちゃん(村方乃々佳)の画像や笑わないからかわいそうという世間の声』についても気になりますよね。

そこで今回まとめた内容はこちら▼

・ののかちゃん(村方乃々佳)の目が怖い理由3つ!

・ののかちゃん(村方乃々佳)の目が怖い画像

・ののかちゃん(村方乃々佳)の目について世間の声

では、さっそく本題に入っていきましょう。

ののかちゃん(村方乃々佳)の目が怖い理由3つ!

ののかちゃん(村方乃々佳)の目が怖い、目がおかしいと世間の一部の方から言われており、以下の理由3つが考えられます。

  1. 目が笑っていない(ロボットっぽい)
  2. 目が斜視?で怖い
  3. ののかちゃんをモノマネする芸人

では、内容を詳しく見ていきましょう。

 

目が笑っていない(ロボットっぽい)

ののかちゃん(村方乃々佳)はテレビ番組に出演したときにかわいい歌声や見た目から、見た人を笑顔にしていますし、愛嬌がありますね。

見た人が笑顔になる一方で、ののかちゃん(村方乃々佳)の目が笑っていないという声があります。

一般的には笑うと目が細くなりますが、ののかちゃん(村方乃々佳)はいつでも目がぱっちり開いており、笑顔になって目が細くなるシーンが放送されるところを観たことがありません。

ずっと目をぱっちりと開いているので、ネットではロボットっぽいとも言われていることがわかりました。

 

目が斜視?で怖い

ののかちゃん(村方乃々佳)の顔をよく見ると目の焦点があっていない感じに見えます。

左目と右目が同じ方向に動きづらい感じに見えるため、斜視なのでは?という声が多く挙がっています。

斜視とは、両眼の視線を目標に向かって合わせられない状態(両眼でものを見ようとした際に、一方の眼は目標を見ているにもかかわらず、片眼の視線が目標とは別の方向に向いている状態)を指します。

引用元:Medical Note

 

ののかちゃんをモノマネする芸人

ののかちゃん(村方乃々佳)は人気アーティストになった為、芸人さんからモノマネされるほど有名になりました。

芸人のタイムマシーン3号の関太さんがヒルナンデスに出演したときに村方ののかちゃんのモノマネを披露していました。

モノマネをしているときの見た目や関太さんの目が怖いことから村方ののかちゃんの目も怖いというイメージがついてしまった方もいるのではないでしょうか。




ののかちゃん(村方乃々佳)の目が怖い画像

ののかちゃん(村方乃々佳)の目が怖いと言われている画像について紹介していきます。

まずはベストアーティスト2021にテレビ出演したときの画像です。

ののかちゃん(村方乃々佳)は一生懸命歌っていましたが、普段歌わない鬼滅の刃の主題歌である炎を歌うということで緊張していたのかもしれませんね。

画像を見ての通り目に元気がない感じで、無表情だと目が怖く感じますね。

 

2つ目の画像(右)は音楽番組でCMに移る前のののかちゃん(村方乃々佳)の様子です。

こちらの画像ではカメラ目線ではなく、目の焦点が合っていない印象です。




ののかちゃん(村方乃々佳)の目について世間の声

ののかちゃん(村方乃々佳)の目について世間の声をまとめてみました。

「ののかちゃんの斜視がえぐい」「大人のエゴ、金儲けが見え隠れする」という声が多いことがわかりました。

また、「目イってるやんけ、童謡歌わせたれよ」という意見もありました。

犬のおまわりさんなどの童謡を歌っているときは楽しんで笑顔で歌う姿もテレビで確認できましたが、流行の曲を歌っているときのののかちゃん(村方乃々佳)はあまり楽しそうではありません。




まとめ

今回は『村方ののかちゃんの目が怖い画像や理由3つ!笑わないからかわいそう!』と題して、ののかちゃん(村方乃々佳)の目が怖いと言われる理由について画像と共に紹介していきました。

これまでにかわいい歌声や姿に癒された方も多いと思います。

しかし、3歳の女の子に番組や親の希望を押し付けるのは精神的にもストレスになっているのではないかと心配されます。

今後の村方ののかちゃんの活躍に注目していきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。