話題

閉会式手話通訳は誰で何者?邪魔でうざいが表情豊かなイケメン!

東京オリンピック2020の閉会式が始まりました!

戦いを終えた選手が入場し、パフォーマーたちの演出が素晴らしい閉会式でしたね。

東京オリンピックの閉会式はNHK総合とEテレで生放送されましたが、Eテレでは手話通訳と一緒に放送されました。

そこで気になるのは『閉会式手話通訳何者なの?』ということではないでしょうか。

また、邪魔でうざいが表情豊かなイケメンだと言われているようですが、『ネットや世間の声』も気になりますよね。

 

そこで今回まとめた内容はこちら▼

  • 閉会式手話通訳は誰で何者?
  • 閉会式手話通訳は邪魔でうざいが表情豊かなイケメン!

では、さっそく本題に入っていきましょう。

閉会式手話通訳は誰で何者?

Eテレのテレビ画面右下に表示されていた手話通訳をしていたのは寺澤英弥さんです。

名前は「てらさわひでや」さんです。

東京オリンピックの閉会式の手話通訳者は3名いますが、特に世間から注目されたのは寺澤英弥さんでした。

寺澤英弥のプロフィール

  • 名前:寺澤英弥(てらさわひでや)
  • 出身:長野県
  • 所属:NPO法人手話教師センター
  • 仕事:株式会社アウトソーシングビジネスサービスの手話通訳士

 

寺澤英弥さんは手話が母語で【JSLTIME】『いろいろな性、いろいろな生き方〜ろう者100人からあなたへの手話メッセージ〜』に出演していたときのYOUTUBE動画は以下の通りです。

寺澤英弥さんはテレビ番組「みんなの手話」に出演しており、V6の三宅健さんと共演しています。

Eテレはあまり見ないという方も多いと思いますので、東京オリンピックの閉会式で初めて寺澤英弥さんを見たという方が多いのではないでしょうか。

 

寺澤英弥の経歴

寺澤英弥さんはEテレ「みんなの手話」の常連客役として出演しています。

次回の出演は8月13日(金)の「年間行事や冠婚葬祭に関する手話を覚えましょう」に出演予定です。

ろう者の結婚式と、聞こえる人の結婚式の違いも取りあげるということなのでLGBTに関連して学ぶには役に立ちそうな番組ですね。

出典:https://signs.io/ja/professor/terasawa

また、阿波踊りを始めたということで表情から伝わるように明るい方なんだと推測されます。




閉会式手話通訳は邪魔でうざいが表情豊かなイケメン!

東京オリンピック2020の閉会式の生放送で手話通訳が取り入れられましたが、オリンピックの閉会式の放送で手話通訳が流れたのは初めてではないでしょうか。

手話通訳を取り入れて、耳が聞こえない人もともにオリンピック閉会式の放送を楽しめるというのはオリンピックが掲げる「ともに」に一致しますね。

しかし、世間の声を調べてみるとネットでは「邪魔、うざい」「通訳じゃなくて字幕にすればいいのに」という意見もありました。

また、「手話のお兄さんがかっこいい」「イケメン」という意見もありました。

https://twitter.com/ptm_ydi36/status/1424342093435076611




まとめ

今回は『閉会式手話通訳は誰で何者?邪魔でうざいが表情豊かなイケメン!』と題して、閉会式の手話通訳は誰で何者なのか調べた内容を紹介していきました。

手話通訳士は寺澤英弥(てらさわひでや)さんということがわかりました。

ネットでは手話通訳が大きく表示されたため、「邪魔」「うざい」と思われてしまいましたが、一方「かっこいい」という意見もありました。

 

NHK総合では手話通訳がありませんので、手話通訳を邪魔だと感じる方はNHK総合の方で東京オリンピック閉会式の放送を楽しみましょう。

みんなが楽しめる東京オリンピックの閉会式の一つとして手話通訳は必要だったと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。