芸能

箭内夢菜の卒アルは?清陵情報高校出身で出演作品にはチアダンも!

人気番組イッテQの新出川ガールズメンバーとして箭内夢菜さんが決定して話題になっていますね!

イッテQのメンバーは30代以上ばかりの中『新しい風』として20歳の箭内夢菜さんが採用され、可愛い見た目と素直さで応援したいと思った方も多いのではないでしょうか。

調べてみると箭内夢菜さんの出身高校は清陵情報高校とわかり、高校当時の姿を見てみたい!

また、箭内夢菜さんの卒アルが見てみたいと思いますよね?

そこで今回まとめた内容はこちら▼

  • 箭内夢菜の卒アルは公表されている?
  • 箭内夢菜の出身高校と出演作品にはチアダンも!
  • 箭内夢菜のプロフィール

では、さっそく本題に入っていきましょう。

箭内夢菜の卒アルは公表されている?

箭内夢菜さんの卒アルは未だ公表されていないことがわかりました。

調べてみましたが、残念ながら箭内夢菜さんの卒アルは見つかりませんでした。

 

2021年1月時点で箭内夢菜さんは20歳ということは、高校を卒業したのは2年前なので最近です。

今後、箭内夢菜さんはさらに人気になり、高校の同級生から卒アルが公表される可能性が高いと考えられます。

卒アル情報がわかりましたら追記していきます。

 

卒アルは現時点では確認できませんでしたが、箭内夢菜さんの高校時代の姿は確認することができました!

箭内夢菜さんは18歳のときに制服姿でドラマに出演していたので、卒アルのときの姿と変わらない姿が確認できますね♬




箭内夢菜の出身高校と出演作品にはチアダンも!

ここからは箭内夢菜さんの出身高校と出演作品について紹介していきます!

箭内夢菜さんの高校時代の姿が見られる作品もありますので要チェックですね。

箭内夢菜さんの出身高校は清陵情報高等!

箭内夢菜さんの出身高校は『清陵情報高等学校』です。

清陵情報高等学校近辺の地図は以下の通りです。

住所:〒962-0403 福島県須賀川市滑川西町179−6

 

清陵情報高等学校には情報処理科、情報会計課、情報電子科、電子機械科の4つの科があります。

箭内夢菜さんがどの学科に通われていたのかまではわかっていません。

 

箭内夢菜さんの出演作品にはチアダンも!

箭内夢菜さんのドラマ出演作品は以下の通りです。

出演時期 ドラマ名
2020年10月 第7回「ドラマ甲子園」大賞受賞作品『言の葉』
2020年7月 テレビ朝日 ドラマ「真夏の少年~19452020」
2020年1月 TX「ゆるキャン△」犬山あおい役
2019年10月 NTVシンドラ「ブラック校則」樹羅凛役
2019年4月 NTV「俺のスカート、どこ行った?」堀江もも役
2019年1月 NTV「3年A組-今から皆さんは人質です-」結城美咲役
2018年11月 KTV 小河ドラマ「龍馬がくる」箭内夢菜役
2018年7月 TBS「チア☆ダン」橘穂香役

 

中でも箭内夢菜さんの高校生時代の姿が見られるのは『チアダン』ですね!

体操が得意な箭内夢菜さんはバレエ経験がある橘穂香役を演じて話題になりました。

チアダンに出演していた頃の箭内夢菜さんの姿は以下の通りです。

制服姿が確認できましたし、バレエ経験のお嬢様役だったんで髪型が特徴的でかわいいですね!

ドラマ出演メンバーとの仲の良い姿が微笑ましいですね。

広瀬すずさんとの2ショット写真も素敵です!!




箭内夢菜のプロフィール

  • 名前:箭内夢菜(やない ゆめな)
  • 愛称:夢っぺ
  • 生年月日:2000年6月21日
  • 出身:福島県郡山市
  • 身長:166cm
  • 血液型:B型
  • 事務所:アービング

2016年に開催されたファッション雑誌「Seventeen(セブンティーン)」の「ミスセブンティーン2016」ではファイナリスト20名に選ばれていました。

また、2017年に開催された「ミスセブンティーン2017」ではグランプリを獲得しています。




まとめ

今回は『箭内夢菜の卒アルは?清陵情報高校出身で出演作品にはチアダンも!』と題して、箭内夢菜さんの卒アルを調べてみましたが未だ公表されていないことがわかりましたね。

ただ、高校生時代18歳の姿が確認できるドラマが『チアダン』ということでドラマ出演作品についても紹介していきました。

 

「3年A組」や「ブラック校則」などの人気ドラマに出演している箭内夢菜さんですので、今後のドラマ出演作品にも注目ですね!

新出川ガールズとして決定したので、今後バラエティにも出演することに期待されます。

前向きに頑張る姿素直さで応援したくなりました。

マシュマロチャレンジは失敗しましたが、頑張った姿や悔し涙は『新しい風』を感じる姿でした!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。