話題

【THE W】2020つまらない理由は何?女芸人がおもしろくない?

THE W 2020が放送されて女芸人No.1を決めるべく話題になっていますね!

しかし、番組を観ている方からは「面白くない!」との声が多くあがっています。

600組を超えるエントリーの中から最終ステージに残るのはたった10組。

賞金1000万円を手にするのは誰だ!というとても大きなお笑い番組なのになぜつまらない、面白くないと言われてしまうのでしょうか。

そこで今回まとめた内容はこちら

  • 【THE W】2020つまらない理由は何?
  • 【THE W】2020を観た視聴者の声

では、さっそく本題に入っていきましょう。

【THE W】2020つまらない理由は何?

THE W 2020がつまらないと言われる理由は次のことだと考えられます。

  • M-1と比べられている
  • うるさい
  • セリフが長い
  • レベルが低い

THE Wがつまらない理由1:M-1と比べられている

やはり同時期のM-1とTHE Wが比べられているのではないでしょうか。

M-1は漫才No.1を決めるお笑い番組ですが、爆発的な笑いが起きてコンビがトレンド入りするほど話題性のある番組です。

優勝者だけでなく、個性の強い準優勝者が世間では話題になったりしていますね。

M-1は総エントリー数が5000組以上とあり、THE Wの総エントリー数600組以上では劣りますよね。

女性芸人が男性芸人よりも少ない現状があるのでしかたないのかもしれません。

ただ、面白い女芸人さんはいっぱいいらっしゃるので、たまたま新人の方はつまらなかったというところもあるのかもしれませんね。

 

THE Wがつまらない理由2:うるさく聞こえてしまう

女性芸人のつっこみは男性視聴者からすると怒られているようでうるさく聞こえてしまうのかもしれません。

ネタの内容よりも声の高さが気になって、ネタに集中できないため、せっかく面白いネタも耳に聞き入れられなくて遮断してしまっている可能性があります。

 

THE Wがつまらない理由3:セリフが長い?レベルが低い?

ネットではセリフが長い、レベルが低いと言われていますが、THE W の準決勝進出者のネタ持ち時間は4分です。

例えばM-1の準決勝、決勝の持ち時間は4分なのでTHE Wと同じですね。

ネタ時間で調べてみると特にセリフが長いというのに当てはまりませんでした。

ネタの構成の中で、つかみ、ふり、ボケ、つっこみと考えると、ふりの部分の構成の時間が長いのかもしれません。

視聴者からするとなかなかボケ、つっこみにいってくれないのでモヤモヤした気持ちになってしまいます。

せっかくの面白いネタでしょうから、ボケ、つっこみまでのテンポよく普段の舞台通りに実力を発揮できればきっとネタが面白いはずです。

【THE W】2020を観た視聴者の声

残念ながらつまらない、面白くないという声が多くあがっていますが、面白いという声もあるので、全てのTHE W 2020に出演している女芸人さんがつまらないわけではありません。

https://twitter.com/gmmamaunk/status/1338417387050135553

 

決勝になるにつれて面白い、おもろいという声が多くなりました!

https://twitter.com/xxx02652312/status/1338480443679633411

まとめ

今回は『【THE W】2020つまらない理由は何?女芸人がおもしろくない?』と題して、THE W 2020のつまらない理由についてまとめた内容を紹介していきました。

しのぎを削ってネタ勝負をしている女芸人さんなので面白いはずですが、テレビの準決勝、決勝の舞台で緊張して本来の力が発揮できていないグループも多いのではないでしょうか。

個性の強い芸人さんや実力のある芸人さんは今後テレビでも話題になるでしょうから他番組のテレビや舞台での活躍を期待しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。