MENU
スポーツ

池透暢の耳画像や事故原因は?嫁や息子と家族構成についても!

東京パラリンピック、車いすラグビー日本代表の池透暢さんが話題ですね!

池透暢さんは車いすラグビー日本代表でチームを引っ張るキャプテンを務めています。

交通事故により左足を失った池透暢を見ていて左耳が気になった方も多いのではないでしょうか。

また、優しい笑顔とコートでの激しいプレーを行っている池透暢さんは結婚して嫁や子供がいるのでしょうか。

 

そこで、気になるのは『池透暢の耳画像事故原因は何?』ということではないでしょうか。

また、『池透暢の息子と家族構成』についても気になりますよね。

そこで今回まとめた内容はこちら▼

  • 池透暢の耳画像や事故原因は?
  • 池透暢の嫁や息子と家族構成!
  • 池透暢のプロフィール

では、さっそく本題に入っていきましょう。

池透暢の耳画像や事故原因は?

池透暢さんの写真・画像を見てみると正面や右側のものはありますが、左側の左耳が確認できる画像は少ないようです。

また、車いすの生活になった事故原因についても気になったので調べてみました。

そこで、調べた耳画像を紹介していきます。

池透暢の耳画像

池透暢さんの耳画像は以下の通りです。

まずは、池透暢さんを正面から撮影した画像です。

右耳は確認できますが、左耳の輪郭が見えないことがわかります。

笑顔が素敵ですね!

出典:httpswww.news24.jparticles2021082009926426.html

 

続いて、車いすラグビーの試合中の画像です。

以下の画像では顔を左側から撮影しており、左耳を確認することができます。

やはり耳たぶや輪郭がほぼない感じで、耳の穴が確認できます。

池透暢の事故原因は?

池透暢の事故原因は「自動車の交通事故」です。

19歳のときに友人を含めて5人で車に乗っており、街路樹にぶつかってしまったとのことです。

車が壊れただけでなく、その後、車が炎上してしまい池透暢さんは全身の75%にやけどを負ってしまいました。

やけどの範囲が広かったことから、医者からは残り1週間の生存率が10%以下だったとのことです。

命をつなぎ、現在の姿まで回復したのは奇跡ですね。




池透暢の嫁や息子と家族構成!

池透暢さんの嫁や息子と家族構成について調べてみましたので紹介していきます。

池透暢の嫁は?

池透暢さんは結婚しており、嫁との間に2人の息子さんがいらっしゃいます。

嫁の顔画像やプロフィールを調べてみましたが、有力な情報はみつかりませんでした。

パラリンピックの試合終了後に家族とのドキュメンタリーなどがテレビに取り上げられれば紹介される可能性が高いですね。

池透暢さんのラグビープロ選手としての体作りには食事は欠かせないので栄養バランスの良い食事を作ってくれているんでしょう。

 

池透暢の息子は?

池透暢さんには14歳と11歳になる息子がいます。

これまでラグビーのプロ選手として家族の時間を思うようにはつくれたことがなかったという池透暢さん。

運動会などの学校行事には、大会や合宿と重なってしまうことが多く、1、2回しか行ったことがなくて。それくらい家族や子どもとの時間がなかったんです。コロナ禍で子どもと向き合う時間が増えて

出典:

池透暢さんの息子のうち、長男の池壱樹さんは日本サッカー協会のJFAアカデミーに見事合格して、現在は親元を離れて生活しているとのことです。

池透暢さんも運動神経抜群なので、息子も親を受け継いでいるんですね!

息子さんのうち次男については有力な情報がありませんでしたが、次男も運動神経が良いのかもしれませんね。

次男さんについても今後の活躍が楽しみですね。




池透暢のプロフィール

  • 名前:池透暢(いけ のぶゆき)
  • 生年月日:1980年7月21日
  • 年齢:41歳
  • 身長:163cm
  • 体重:63kg
  • 所属:日興アセットマネジメント(株)
  • 背番号:21

池透暢さんは現在、車いすラグビーの日本代表選手のリーダーとして活躍しています。

当時は車いすバスケを経験しており、車いすラグビーに転身しました。

2016年に開催されたリオデジャネイロパラリンピックでは銅メダルを獲得し、輝かしい成績をあげています。




まとめ

今回は『池透暢の耳画像や事故原因は?嫁や息子と家族構成についても!』と題して、池透暢さんの耳画像や事故原因について紹介していきました。

また、池透暢さんは結婚しており、家族構成は嫁と14歳と11歳の息子の計4人ということがわかりました。

 

車いすラグビー日本は2大会連続のメダルをかけて3位決定戦へ8月29日挑みます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。