ドラマ

花江夏樹は演技下手?上手い?ボス恋(ドラマ)でも笑顔が素敵!

人気アニメ作品の鬼滅の刃で主人公の炭治郎役の声優を務めている花江夏樹さんが2021年1月19日の火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(ボス恋)に出演するということで話題になっていますね!

花江夏樹さんは2014年に第9回声優アワードで新人男優賞を受賞しており、いろいろなキャラクターの声優を演じてきました。

ただ、俳優のイメージは全くありませんよね。

そこで気になるのは『花江夏樹さんの演技は下手なの上手いの?』ということではないでしょうか。

また、『花江夏樹さんの笑顔が素敵』だと話題になっているので、花江夏樹さんの笑顔の画像を調べてみました。

そこで今回まとめた内容はこちら▼

  • 花江夏樹は演技下手?過去にドラマの経験は?
  • 花江夏樹は演技上手い?視聴者の感想まとめ
  • ボス恋でも笑顔が素敵!笑顔画像まとめ

では、さっそく本題に入っていきましょう。

花江夏樹は演技下手?過去にドラマの経験は?

花江夏樹さんの演技が下手なのか、上手いのか評価を確認するため、過去にドラマに出演した経験があるのか調べてみました。

結論からすると『過去のドラマ経験はほぼないですが、演技は下手ではない!』ということです。

過去に花江夏樹さんはドラマに1度だけ出演したことがありますが、1シーンで1カットのみだったそうです。

過去に出演したドラマの作品を調べてみましたが、1カットのみの出演だったせいか作品名まではわかりませんでした。

 

恋ボスに出演して、声優業と俳優業との違いに緊張したという花江夏樹さんのコメントはこちら▼

今回のようにたくさんしゃべるのは初めてだったので、台本を渡されたときから緊張していました。本業の声優は、(収録)当日に台本をもらってその場でセリフを演じるのが当たり前。“セリフを覚える”という文化がないんです。だから、ちゃんと覚えられるかなと少し心配でした(笑)。

出典:yahoo!ニュース

声優業と俳優業でやったことないことを挑戦するのですから、仕事のやり方が違うので心配するのは当然のことだと思いますし、挑戦する姿に視聴者は感動するものだと思います。

 

真面目に俳優の仕事に取り組む花江夏樹さんに救いの神が降りてきたそうです。

救いの神とは上白石萌音さん!

シーンを共にした上白石さんは本当に優しい方! 何度かお会いしたことがあり、お話していたので安心感がありました。

出典:yahoo!ニュース

共演した上白石萌音さんはこれまでにドラマ作品に多数出演しており、演技の評価が高い女優さんです。

スタッフからの評判も良いと言われているので、演技に慣れていない花江夏樹さんにも優しくフォローしてくれたんですね!

 

これまでのドラマ出演経験の少なさから考えると花江夏樹さんの演技は下手なのでは?と思われる方も多いと思います。

しかし、声優業で演技してきたキャラクターはざっと経歴を観ただけでも100名以上ですから声優での経験がドラマ出演の演技にも影響することは間違いないです。

したがって、花江夏樹さんの演技は下手ではないと思われます。




花江夏樹は演技上手い?視聴者の感想まとめ

花江夏樹さんの演技の評判をまとめてみました。

鬼滅の刃の炭治郎の声優として大活躍しましたので、アニメや映画を観て演技が上手いと感じた方が多かったようです。

https://twitter.com/humiko_twst/status/1350265427595726855

ファンは演技が上手い、下手に関わらず応援したい気持ちなので好きだという好印象の評判ですね!

恋ボスに出演した花江夏樹さんの演技の評判についてはドラマ『恋ボス』が放送されましたら追記します。




ボス恋でも花江夏樹の笑顔が素敵!【笑顔画像まとめ】

花江夏樹さんの笑顔が素敵だと評判が良いですね!

そこで、どんな眩しい笑顔なのか気になりましたので花江夏樹さんの笑顔画像をまとめてみました。

出典:billboard japan

 

かわいい犬の写真から花江夏樹さんの笑顔を思い出したという方がつぶやいていました!




まとめ

今回は『花江夏樹は演技下手?上手い?ボス恋(ドラマ)でも笑顔が素敵!』と題して、花江夏樹さんの演技の評価は下手という方もいれば、上手いという方もいましたが、鬼滅の刃の炭治郎の演技は感動したという声が多かったです。

ドラマ出演の経験は少ないですが、声優業で身に着けた演技力を発揮してくれますね!

花江夏樹さんは以前から笑顔が眩しい、笑顔が素敵だと言われていたこともあり、ボス恋で演じたキャラクターと相性が良くて笑顔が良い!と評価されていますね。

 

今回の恋ボスをステップにして、今後俳優業でも活躍してほしいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。