スポーツ

井岡一翔のタトゥーはいつから?意味は何?ルール違反になるのか

井岡一翔さんのタトゥーがルール違反で、対応検討中だとニュースで話題になっていますね!

井岡一翔さんはWBO世界フライ級王者で4階級を制覇する怪物のような強さのボクサーです。

ボクシング選手のタトゥーは世界的にみると珍しいことではありませんが、JBC(日本ボクシングコミッション)としてはルール違反になるということで、対応を検討中とのことです。

そこで気になるのは『井岡一翔はタトゥーをいつからしている?』ということではないでしょうか。

また、『井岡一翔のタトゥーは違反になるの?』ということも気になりますよね。

そこで今回まとめた内容はこちら。

  • 井岡一翔さんのタトゥーはいつから?意味は何?
  • 井岡一翔さんのタトゥーはルール違反になるのか?
  • 井岡一翔さんのタトゥーに世間の声は?

では、さっそく本題に入っていきましょう。

井岡一翔のタトゥーはいつから?意味は何?

2021年1月5日になって井岡一翔さんのタトゥーがJBC(日本ボクシングコミッション)のルール違反になるとして話題になっていますが、そもそも井岡一翔さんはいつからタトゥーをしていたのでしょうか?

いままでルール違反だと取り上げられなかったのが不思議ですよね。

タトゥーを入れた時期を調べてみると2017年12月に現役引退を発表して、2018年9月8日の試合では左腕にタトゥーが彫られていることを確認できましたので9か月間の間のどこか(2017年12月から2018年9月の間)でタトゥーを入れていたことがわかりました。

 

井岡一翔さんの腕に彫られているタトゥーの意味は『Thought is the blossom, language the bud, action the fruit behind it.』和訳は『思いは花であり、言葉は芽であり、行動はその後に実をつける。』という意味です。

タトゥーの言葉は井岡一翔さんオリジナルではなく、アメリカの思想家『ラルフ・ワルド・エマーソン』さんの言葉とのことです。

ラルフ・ワルド・エマーソンさんの名言は他にも

自分自身を最大限に利用しなさい。あなたにとって、あるのはそれだけなのですから」、「人の賢さは、その人が何を望むかで計ることができる

などがあります。

 

現在腕に彫られている模様については意味は公表されていないため、明らかになっていません。

今回、タトゥーがルール違反であると取り上げられましたので意味について新しい情報が明らかになるかもしれませんね。

井岡一翔のタトゥーはルール違反になるのか?

井岡一翔さんのタトゥーはJBC(日本ボクシングコミッション)のルール違反になるようです。

ルール第86条には〈入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者〉は〈試合に出場することができない〉と定められている。外国人選手や海外での試合は適用外だが、日本のライセンスを持った選手が国内のリングに上がる際は本項が適用される。

出典:YAHOO!ニュース

観客に不快の念を与える風体というところで、井岡一翔さんの試合を見たファンから試合後にJBCへ問い合わせがあったそうです。

世界で活躍するボクサー(パッキャオ?)などがタトゥーをしているため、個人的にはあまり気になりませんでしたが、人によっては不快に感じてしまうんですね。

 

これまで井岡一翔さんがルール違反にならなかったのはわき腹と左腕のタトゥーにテーピングをして隠していたためとのことです。

 

4階級チャンピオンだとしても特例はないようですね。

「彼だから特別許可したということは一切ありません。ルール違反は明らかで、現在、対応を検討中です」

出典:YAHOO!ニュース

今後井岡一翔さんにどんな判定が下されるのか、ルール違反の罰は何になるのか気になりところですね!

井岡一翔のタトゥーに世間の声は?

井岡一翔さんのタトゥーに対して世間の声をまとめてみました。

JBCのルールに違反しているのですから仕方がない気がしますが、家族がいるならタトゥーはやめた方がよかったという意見や、タトゥーについて議論をする意味がないという意見もありました。

タトゥーで批判するのって時代遅れなんでしょうか。。。

https://twitter.com/hnt46luv/status/1346459623851577345

まとめ

今回は『井岡一翔のタトゥーはいつから?意味は何?ルール違反になるのか』と題して、井岡一翔のタトゥーはいつから入っているのか、意味は何なのかについてまとめた内容を紹介していきました。

JBCとしてはルール違反になるとして、対応を検討中です。

どのような判定、罰が下されるのか気になるところですね。

個人的にはボクサーがタトゥーしているのはそんなに気にならないです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。