話題

ニトリ珪藻土バスマットは中国製?見分け方や回収方法は?【アスベスト】

ニトリの人気商品の珪藻土バスマットがアスベストを飛散する可能性があるとしてニトリホールディングスから発表されて話題になっていますね!

吸水力があってコスパが良い人気商品なので、あなたの家にもニトリの珪藻土バスマットがあるのではないでしょうか?

どうも中国製のものがアスベストを含んでいるという噂を聞いたので調べてみました。

そこで気になるのは『ニトリ珪藻土バスマット問題商品は中国製?』ということではないでしょうか。

また、『ニトリの珪藻土バスマット問題商品の見分け方や回収方法』も気になりますよね。

そこで今回まとめた内容はこちら。

  • ニトリ珪藻土バスマットは中国製?
  • ニトリ珪藻土バスマット問題商品の見分け方は?
  • ニトリ珪藻土バスマットの回収方法は?

では、さっそく本題に入っていきましょう。

ニトリ珪藻土バスマットは中国製?

ニトリ珪藻土バスマットの原料はケイカル板というものです。

どうも中国製が問題視されているのは以下の点です。

  • 建材のボードを切り出して珪藻土バスマットを加工している
  • 建材にはアスベストの他に有害物質が混入している可能性がある

やはり中国製品の怖さがありますよね。

話題になっているケイカル板の日本製、中国製についてトマト工業株式会社さんが見解を発表されていましたので紹介していきます。

◎自社調査における見解◎

1.日本製、国産のケイカル板についての見解
日本製のケイカル板についてはアスベストが混入されていないことが現状継続して確認されています。

2.海外製、主に中国製のケイカル板についての見解
自社調査の中で中国製建材については高い危険性があるという見解を持っております。現在流通しているケイカル板(商品名珪藻土バスマット)などが該当の製品となります。

中国製のケイカル板の加工依頼を受けるケースがあります。
「中国製のケイカル板についてはセメントの混入やアスベストの混入の可能性を否定出来ない」という観点からトマト工業では2次加工を一切お断りさせていただいております。

アスベストについては発がん性の問題、作業環境上の問題があります。
含有セメントについてはカドミウム、鉛、六価クロムなどの重金属系の組成について危険性があります。

また建材内に一定数セメント系素材、石材、鉄粉、スラグ、残留粉、不明金属、汚物、スチロールなどが混入していた経緯があります。

こういった製品を加工するということはたとえ安価であっても従業員の健康被害の問題や、お客様へ間接的であっても何かしらの被害の可能性があることが懸念されます。

たとえ利益が上がったとしてもこれらの流通を促進させることは道義上好ましくないと考えております。

そのため持ち込みについても海外製(主に中国製)については加工をお断りさせていただいております。

出典:トマト工業株式会社

ニトリ珪藻土バスマット問題商品の見分け方は?

ニトリは法令の基準を超えるアスベストが珪藻土バスマットなどに含まれているとして、珪藻土バスマットなど約240万点の回収を発表しました!

珪藻土バスマット全てが回収対象ではなく、問題商品には見分け方があるそうです。

ニトリホールディングズから12月23日に発表されていますのでまとめてみました!

アスベストなし【回収非該当商品】

珪藻土バスマットで問題がない商品は

  • 長方形で溝がある形状
  • 特殊デザイン
  • 長方形で溝がない商品のうち、色がグレー、ピンク

アスベスト混入可能性あり【回収該当商品】

珪藻土バスマットでアスベストが混入している可能性があり、回収該当商品は

  • 長方形で溝がない商品のうち、色が水色でサイズが40×55cm、対角線のサイズが65cm以上の商品
  • 色が白でサイズが29×39cm、35×45cm、40×55cm
  • 29×39cm、35×45cmの商品は側面の光沢がないもの
  • 40×55cmの商品は、対角線のサイズが65cm以上の商品

画像で一覧にしたものはこちら▼

出典:リリース
出典:リリース

珪藻土コースターも回収該当商品あり

また、珪藻土コースターも回収該当商品が4種類あります。

  • サラサラコースターRO
  • サラサラコースターダイリセキWH
  • サラサラコースターネコ
  • サラサラコースターテラゾーST
出典:リリース

ニトリ珪藻土バスマットの回収方法は?

ニトリ珪藻土などアスベスト問題で回収対象商品は約240万点におよぶので回収方法が気になるところですね。。

そんなにも多い商品数をどのように回収するのでしょうか。

ニトリホールディングスからは回収方法については後日発表するとありますので、発表を待ちましょう。

情報がわかりましたら追記していきます。

 

その他のメーカーが販売している珪藻土バスマットを調べた内容こちら▼

 

まとめ

今回は『ニトリ珪藻土バスマットは中国製?見分け方や回収方法は?【アスベスト】』と題して、ニトリ珪藻土バスマットの中国製建材のケイカル板にアスベストが混入されている可能性があること、問題商品の見分け方について紹介していきました。

回収方法については後日発表されるということがわかりました。

あなたの家にも活用しているかもしれないニトリ珪藻土バスマット削っていなければ少し安心ですね。

追加情報がわかりましたら追記していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。